top of page

ロゴ看板とは?製作するメリットと注意点について解説


街を歩いていると、企業や団体、グループを象徴する重要なマークである「ロゴ」の入った看板をよく見かけますよね。それらは全て「ロゴ看板」と呼ばれる看板です。


ロゴ看板は、より多くの人々にアピールするための「広告戦略の一つ」とも言えます。看板は店舗の顔となり、お客様が店内に足を運んでくれるかどうかを左右するほど非常に重要な役割を果たしてくれます。


これから商売を始めようと考えている方は、ぜひともロゴ看板の製作を検討してみてはいかがでしょうか。この記事では、お店の顔とも言える「ロゴ看板」について、詳しく解説します。



ロゴ看板を製作するメリットとは?


ロゴは企業やお店が成功するために必要な要素であり、費用をかけて作成する価値があります。


ロゴ看板のメリットとしては、

  • 認知度が向上する

  • ブランディングになる

  • 差別化できる

  • コミュニケーションが取れる

といったことが挙げられます。


人間の脳は、絵や図形を文字よりも覚えやすく処理するため、ロゴは視覚的に印象に残りやすいと言われています。そのため、広告としては非常に有効だと言えるのです。


新しいお店や会社は早期に認知度を上げたいと考えるため、ロゴはその助けになります。また、ロゴはブランディングにおいても重要な役割を果たします。


他の店舗や企業との差別化や個性の表現に役立ち、顧客の興味を引く手段となります。さらに、スタッフや社員にとっても、ロゴは企業の理念やメッセージを視覚的に理解し、共感を生む要素となります。


コミュニケーション面でも、ロゴは会社やお店の想いをユーザーやターゲットに伝える手段となります。ロゴがなければ発信できる情報が制限され、ユーザーやターゲットとのコミュニケーションが難しくなります。


新しいお店や会社をスタートする際だけでなく、その後も企業やお店にとって重要な役割を果たすため、ロゴ看板は製作しておいて損はないでしょう。


ロゴ看板を作製する際に使われる「素材の種類」


看板に使われる素材は多岐にわたります。異なる素材にはそれぞれ特徴があり、お店の雰囲気や設置場所に応じて選択することが重要です。


木材

・カフェやナチュラルな雰囲気に適している。

・DIYに向いており、自由度が高いが経年劣化がある。

スチール

・強度が高く、長期利用に適しているが、錆びやすく屋外使用は制限される。

・比較的安価で、錆びにくくする加工も可能。

ステンレス

・強度があり、錆びにくいため屋外看板に適しているが、傷がつきやすい。

アルミ

・軽くて柔らかいが、強度がある。

・軽量なため大型看板に適しているが、フレームの設置が必要である。

アクリル板

・安価で種類が豊富。

・塗料や粘着シートでデザインが可能で、メンテナンスが簡単。

・厚みがあるものを選ぶことで破損のリスクを軽減。


素材選びも重要

自作看板の製作において、素材選びは重要な要素です。屋内と屋外での使用や自身の加工スキルを考慮して、お店に適した素材を選ぶことが重要です。


屋内の看板におすすめの素材

木材がおすすめ(木材は加工性が高く、カットや塗装が簡単にできる素材であり、DIY初心者にも適しています)

屋外の看板におすすめの素材

アクリル板がおすすめ(アクリル板は屋外での使用に適しており、雨に濡れても影響が少ない特徴があります。

木材を屋外看板に使用する場合は、屋外用の保護塗料を使用して耐水性や耐候性を向上させることができます)


素材の選択は看板の用途や設置場所によって異なります。木材は屋内での温かみを、アクリル板は屋外での耐久性を考慮して選ぶと良いでしょう。



魅力的なロゴ看板をデザインするには?


魅力的な看板ロゴを製作する方法はいくつかあります。

一つずつ解説します。


他者のロゴサンプルやデザイン集を参考にする

魅力的なロゴを考える際、世界中のデザイナーが制作したロゴのサンプルやデザイン集を参考にするのも良いでしょう。


有名なギャラリーサイト「Logopond」や「LogoMoose」などはもちろんのこと、テーマ別や業種別、カラー別に分類されたロゴのデザインサンプルを提供するサイトもあります。


これらのサイトを活用することで、看板やロゴデザインにおいて優れたアイディアやトレンドを取り入れる上で参考になります。


デザイン専用ソフトを使う

ロゴ看板のデザインを作成する際には、専用のアプリやデザインソフトを利用することができます。例えば、「ロゴメーカー」や「Logo Maker」などの名前で提供されているアプリでは、デザインのテンプレートやイラスト、写真などの素材が豊富に用意されています。


さらに、デザインソフトとしては「Canva」や「Vectr」などがあり、これらのツールを使いこなすことで高い自由度を持ったデザインが可能です。これらのソフトは無料で利用できるだけでなく、有料プランに申し込むことで追加の機能を利用することもできます。


看板のプロに相談する

ロゴ看板のデザインを自分で行うこともできますが、より魅力的なものにしたいのであれば、プロに依頼するのも得策です。ロゴは企業やサービスの方向性をビジュアルに表現する重要なビジネスツールとなります。


外注することで、専門のデザイナーが会社やサービスの理念やアピールポイントをプロフェッショナルな視点で表現してくれます。自社にデザイナーがいたとしても、ロゴ作成には特有のデザインスキルや経験が必要です。


理想通りのデザインに仕上げる難しさがあります。外注先のデザイナーの客観的な視点は、新たなアイデアやサービスの特徴を発見し、ロゴに反映できる可能性があります。


これにより、自社スタッフが気づいていなかったサービスの魅力や個性をロゴに取り入れることができます。



ロゴ看板としての機能を最大限発揮するためのポイント


ロゴ看板は、ただ単に「ロゴを配置しただけ」の看板ではありません。ロゴが効果的に機能するためには、いくつかの重要なポイントが存在します。


ロゴ自体は一度デザインされているものなので、基本的な変更はありません。しかし、看板としての効果を最大化するためには、以下の3つのポイントに留意することが重要です。


①看板に掲載するキャッチフレーズ 

ロゴ看板は街頭でのアピールが重要であり、単に大きなロゴだけでは効果が薄いことがあります。上場企業や大手チェーン店以外では、見知らぬロゴだけでは企業や店舗の特徴が伝わりにくいため、効果的な自己紹介が必要です。


ロゴだけではなく、キャッチフレーズを看板に加えることが良い方法です。企業や店舗の活動内容やサービス、商品を簡潔に表現することで、通行人が足を向けるきっかけとなります。


キャッチフレーズは短くてもインパクトが必要で、通行者が一瞬で理解できるように工夫が求められます。看板は一瞬の興味を引く必要があり、キャッチフレーズとロゴの組み合わせが相乗効果を生み出し、魅力的な看板に仕上げるための準備が整います。


②目を引く配色を選ぶ

ロゴ看板の成功は、通行人が一瞬で気づくことにかかっています。魅力的なロゴやキャッチフレーズを持っていても、看板の配色が下手だと視認性が低くなり、読み取りづらさや不快感を与えてしまいます。


視認性を高めるためには、色の組み合わせに注意が必要です。背景色とロゴやテキストの色が同系色だったり、目に刺激的で読み取りにくい色の組み合わせは避けるべきです。


遠くからでも明瞭に情報が伝わるよう、配色に工夫を凝らしましょう。


③ターゲットを意識した配色

視認性に重点を置く際には、目立ちやインパクトが過度になりすぎないように気をつける必要があります。企業や商品の本来のイメージからかけ離れたデザインは、ターゲットの顧客層に訴えかける難しさが生じる可能性があります。


特に慎重に考慮すべきなのは配色で、色には特定のイメージが関連しています。例えば、遠くから見たときに特定の色が特有の印象を与えることがあります。


企業も含めて配色はその「それらしさ」をアピールする上で極めて重要であり、ターゲット層に合った色のイメージを考慮することが肝要です。目立ちやインパクトはもちろん重要ですが、企業や店舗が目指すイメージやターゲット層に配慮し、配色を検討することが良い看板作りの要点となります。



まとめ

ロゴ看板は、通りを歩く人々や車の運転手などの目に留まりやすく、ブランドの認知度を高める役割を果たします。また、魅力的なキャッチフレーズや商品の画像が表示された看板は、消費者の関心を引きつけることが期待できます。


自分で作製することもできますが、魅力的でより多くの人々の注意を引く看板を作製したいのであれば、専門家である「看板のプロ」に依頼するのが良いでしょう


愛知県の看板工事なら、株式会社マサインにお任せください。看板専門のプロが、お客様のニーズに合わせて適切な提案を行います。


マサインでは、現場を熟知した職人が依頼から納品・管理まで一貫してスピーディーに対応し、お客様のご要望を迅速にキャッチしてご要望にお応え致します。


協力会社とのネットワークを活かし、様々な規模の案件に対応できる体制を整えています。豊富な実績に基づき、お客様からの信頼を得ています。安心して看板製作をお任せいただけます。


コメント


bottom of page